身体表現性障害にさようなら

私の身体表現性障害・心因性疼痛が消えていく経過を書き留めていきます。

7/12 日記

 

今日は背中強張り指数が8(最悪が10)で動けなかったので、終日ゴロゴロと映画など観てました。一本調子で具合が良くなっていくわけでもないので、こういう下がる日があるのはしょうがないと思います。

 

映画はamazonの動画配信をスマホで観ましたが、最近の動画配信は外出できない半分寝たきりの私には便利でありがたいです。

 

映画は2本観たのですが1本目は「アーロと少年」を観ました。ディズニー・ピクサーの王道ストーリーで面白かったです。

アーロと少年 (吹替版)

アーロと少年 (吹替版)

 
 

 

2本目は「オデッセイ」を観ました。火星に取り残された主人公の生命力に感心しました。また軌道計算など宇宙に関わっている人々はみんな頭いいんだなーとそれも改めて感心しました。

オデッセイ(吹替版)

オデッセイ(吹替版)

 

 

どちらも感動作品で感情豊かな人は、うるっときたり、泣いたり、場合によっては嗚咽を出したりするものだと思うのですが、感情に蓋がされて乏しくなっている私はうるっともきませんでした。そんな私の感情もコーチングを通して蓋が取れて昔のように感情豊かになれるといいなーと期待しています。

 

今日の小さな貢献は今夜の夕食は出前だったので出前の注文をしました。

 

それではまた明日~