身体表現性障害にさようなら

私の身体表現性障害・心因性疼痛が消えていく経過を書き留めていきます。

第2回コーチング・セッション

 

今日は第2回のコーチングセッションでした。最初に最近のことを話したあとに早速、背中くんと自分の対話がイスを2つ使って始まりました。一方のイスが自分でもう一方が背中くんで、自分が河原に行こうとすると背中くんはどうするのか?などを私が背中くんのイスに座って背中くんの気持ちになって感じるワークをやっていく中で「背中くんは身体に無理をさせようとする私に無理をさせないように強張っている」ということが出てきました。

 

そこで、私が無理をするのはどんな時か場面をあげて行きました。私は約束をキャンセルする事がなかなか出来ません。体調が悪くても自分が無理して済むならキャンセルするよりも無理する方を選んでしまいます。なので、これからは無理をせずに約束をキャンセル出来る人間にキャラクターチェンジしていく事を私が決心して、背中くんが強張らずに済むようにしていくことになりました。一言でキャラチェンジといっても人がホントに変わるのにはそれなりの時間がかかりそうです。

 

あと、私はお腹がいっぱいでも出されたモノを断れずに無理して食べてしまいます。こちらはコミュニケーション・スキルの問題だそうで、これはこれで直していきましょうということになりました。

 

セッションの最後に「自分が気持ちいい為に河原に行っていい?」と背中くんに断って行ってみて下さい、という宿題が出たので、セッション終わりに早速行ったら河原まで行けました。今日は朝から背中強張り指数8で動けず横になっていたのに不思議です。

 

これからは背中に意識を置かずに、未来に意識を向けて今から少しずつ進んでいくのです。キャラチェンジもその一環です。

 

さて、私は無事キャラクターチェンジが出来るでしょうか?先ずは自分が楽で心地よいを大切に暮らしてみようと思います。乞うご期待。

 -------------------------

はじめてお越しの方はこちらからお読みください。

hirakuinoue.hatenablog.com