身体表現性障害にさようなら

私の身体表現性障害・心因性疼痛が消えていく経過を書き留めていきます。

第4回コーチングセッション

 

今日は第4回のコーチングセッションをでした。

 

最初に今日のセッションの方向性を確認した後に、先ずはうつ伏せになってコーチが手でゆっくりと背中、脚を押してくれるマザーズタッチという手法で身体を緩めてからセッションが始まりました。

 

今日のセッションはカラフルな絵が描かれた40枚程度のカードを使って行われました。絵のカードを使うと言葉を使うよりも潜在意識から直接情報を取り出せるそうです。

 

先ず最初に現在の自分を現すカード、次に未来の自分を現すカード、その次に未来のさらに先の未来のカード、未来と現在の間のカード、の順に選んでいきました。

 

f:id:hirakuinoue:20160727144456j:plain

 

そこから浮かび上がって来たのは、暗くて閉じ込められている現在の自分、未来に向けて能力を獲得している自分、獲得した能力を活かしてクリエィティブに活躍している自分、そして最終的に幸せなコミュニティを築き上げている自分が浮かび上がってきました。今の自分であれば獲得する能力はコーチングということになります。コーチングを学んで、それを活かして活躍していく、そんな未来を私の潜在意識はやはり描いているようです。

 

そこでコーチから「現在の自分から能力を獲得する自分までの間にもう一枚カードを入れるとしたらどれ?」と聞かれました。それで私が選んだカードはこれでした。能力を獲得するまでに大変な坂道を一人で登っていく、そんな孤独な努力をしていく苦労性な自分が出てきました。

f:id:hirakuinoue:20160727144415j:plain

 

それを見てコーチから「もっと別のカードはないですか?」と聞かれて選んだのがこのカードでした。

 

f:id:hirakuinoue:20160727145015j:plain

 

光速で能力獲得までワープしていく。しかも一人ではなく仲間と共に。そう、仲間と協力して助けてもらえば光のスピードで進んでいけるというカードが出ました。

 

どちらのカードがいいのか?もちろん光速な方です。

 

しかし、私は他人に助けてもらうのが苦手です。常に他人と自分を比較して自分が優位であれば楽しい嫌な人間です。そんな私が協力してもらえる仲間を得て光速で進んでいくことが出来るのか?

 

そここそが、今自分が変わる必要があるところなのです。一人で無理して進んで行くのではなく、仲間と協力して楽に進んで行くのであれば、背中くんも許してくれそうです。

 

そんな新しい自分に変わって行くための直近のアクションプランとして、スカイプで相互コーチングを継続して行なう、日々コーチングを意識して過ごす、同じ障害を持つ方々とつながる、が上がりました。

 

こんな私と友達になってくれる方がいらっしゃいましたらコメント頂けますと嬉しいです。

 

P.S. セッションが終わってからずっと頭が飽和しているというかパツパツで軽く頭痛もして、身体は疲れてるけど眠れない状態が続いてます。頭の中で大きな変化が起きてる感じです。

 -------------------------

はじめてお越しの方はこちらからお読みください。

hirakuinoue.hatenablog.com