身体表現性障害にさようなら

私の身体表現性障害・心因性疼痛が消えていく経過を書き留めていきます。

相互セッション3回目

今日も相互セッションをやりました。

 

クライアントさんから「独立起業の準備のモチベーションが上がらない・保てない」という課題を頂きましたので、その課題の解決という形で進める事になりました。

 

現状はクライアントさんの課題説明の中で概ね把握出来たので、まずは未来+として独立起業した時の具体的なイメージを聞いたのですが、あまり具体的にならず、次に過去+で過去に上手くいった事例を聞いていって、後で気付いたのですが、ここでクライアントさんが大事に思っている価値観が出ました。しかし、その時点ではその価値観に気付かず、モチベーションを上げる方法を出す事に囚われて、あれこれ考えてしまって、どうしていいかわからなくなって、時間もそれなりに経っていたのでクライアントさんにギブアップを申し出たところ、なんとクライアントさんに励まされてセッションを続ける事になりました。

 

そこで気をとり直して過去ー、他人+、未来ー、未来++、独立起業するに至った経緯などを聞いていくうちに、クライアントさんは自分軸に気付いていないんだという事に気付いて、自分軸を発見する事に切り替えたら、過去+のエピソードと他のエピソードを合わせて、「自分が優秀と思う人に優秀と認められたい」という価値観が出てきて、それを自分軸として現状を見直すと、「自分が優秀と思える人と一緒にやればモチベーションが上がる・保てる」という解決策が出てきました。そして最後に解決策を実現するアクションプランを私から提案してセッションを終えることが出来ました。

 

クライアントさんに励まされて最後まで頑張って良かったです。感謝。過去を振り返る事で自分が大事に思っている事がわかった、具体的なアクションプランが出て良かった、というコメントも頂けて嬉しかったです。

 

今日の疑問点は、最後にアクションプランを私が提案してしまったのですが、ホントはクライアントさんから引き出さないといけないのかなー?というところです。