身体表現性障害にさようなら

私の身体表現性障害・心因性疼痛が消えていく経過を書き留めていきます。

9/21 日記

今日は昨日に引き続いて過去の辛かった事を思い出そうとして、少しだけ思い出しましたが、やはりなかなか思い出せません。新しいコーチとのセッションを10月初めに設定出来たのでそれまでに具体的な場面を思い出せれば良いのですが。

しかし今の症状をなくしていくにはコーチングによる変化よりももっと大きな変化が必要な気もしてきています。例えば転地療養とか。今は東京に住んでいますが高知に実家があるので思い切って高知に帰ってみるとか。家にずっと引きこもっていても何も変わらなくて時間が過ぎていくばかりなので、居場所を変えるくらいの大きな変化をしてみてもいいのかなと。問題は高知までどうやって帰るかです。横になって帰れる方法としてはフルフラットになる車で送ってもらうのが一番現実味がありますが、誰に送ってもらうのかという問題があります。運転手さんを雇ってレンタカーを借りると相当な費用がかかりますが、それでもやって見る価値があるかもしれません。もう一つの問題は途中のインターでトイレに行けるかという問題です。車をトイレの一番近くに止めてもらってもきついかもしれません。クスリをどうするかという問題もあります。あとは実家に戻っても良くならなかった時に東京に帰るのがまた大変という事もあります。願わくば実家ですっかり具合が良くなって帰りは飛行機で楽々帰ってきたいものです。実家に帰る案は実現可能か関係者に相談して検討してみようと思います。

ちなみに今日の背中の具合は午前は比較的よくて髪が洗えたりしましたが、午後になって強張りがキツくなって辛かったです。


では、また明日〜