身体表現性障害にさようなら

私の身体表現性障害・心因性疼痛が消えていく経過を書き留めていきます。

昨日の調査状況

昨日、早速身体表現性障害について改めて情報収集しました。グーグルで身体表現性障害で検索すると以前見たことのあるサイトが大半なのですが一件セカンドオピニオンを聞かせてくれる心療内科があったのでそこに問い合わせて見ようと思います。通常は病院に行って対面じゃないと受け付けてくれないと思うのですが、今の私は病院に行けないので院長さん宛に手紙を書いてスカイプなどでお話ししてもらえないか相談してみようと思います。

身体表現性障害で検索していても新しい発見は少ないので新たな検索ワードを考えたいです。パニック障害など身体表現性障害以外の精神障害の治療法がひょっとしたら役に立つかもしれないのでそう言う視点でも調べてみようと思います。

同じ身体表現性障害の方とつながって情報交換出来ると良いと思うのですが、どうやって探せばいいのか、どこに行けば出会いがあるのかがわかりません。グーグルで探してみてもそれらしい人の情報は見当たりません。Twitterでは何人かつぶやいている人を見つけたのでその中で良さそうな人にはコンタクトして見ようと思います。ASLの藤元さんの場合はフェイスブックで沢山の出会いがあったようです。またASLは患者会などの団体があるのでそちらでも繋がり易いと思うのですが、身体表現性障害にそれに類する団体があるのか今のところ見つけられていません。SNSの活用という意味ではこのブログをフェイスブックの投稿に移行すると出会いが広がったりするのでしょうか???私の場合は友達に余計な心配をかけたくないし、今の状況を知られたくない、良くなるまで会いたくないなどの気持ちも働いてこのブログをひっそり書く事にしました。フェイスブックはみなさん楽しい話題を書いてらっしゃるので病気の話題を書くのもなにか憚られますし。SNSの活用ってどうすればいいのでしょう、、、今のところ暗中模索です、、、

昨日出来たのはこんなところです。病気に向き合って調査をするのは思いの外ストレスがかかって疲れるみたいなので辛くなって体調を崩さないように映画などで気分転換しつつ気長にやろうと思います。