身体表現性障害にさようなら

私の身体表現性障害・心因性疼痛が消えていく経過を書き留めていきます。

5/3 日記

99%ありがとう (一般書)

99%ありがとう (一般書)

今日は少し背中の張りがきつかったですがコーヒー飲めたのでまあまあというところでしょうか。最近食べたかったものの一つにあんこのお饅頭があったのですが、今日は柏餅を買って来てくれたのでまさに食べたいものが食べれて嬉しかったです。次はビールだ。。。

今日は同じ病名の人々のブログをずっと見ていたのですがみなさんそれぞれ大変そうです。身体表現性障害って診断されるのって、なんだか原因も治し方もわからない病気だって診断されたって事で、つまり病名のはっきりしている病気以外のその他なんだかわからない病気の総称みたいなものなので、専門に研究している先生・研究者も少なくて(いなくて?)放置されている(見捨てられた?)領域なんですね。だから症状は深刻なのに障害年金などの対象にもなりにくいというかほぼならない。やっかいなところにハマりこんでしまったけど医者を100%頼れないので自分達で出来る範囲でどうにかするしかありません。やっぱり運良く治った人のお話が聞きたいなー。

あと今日はもう一人のASLの方の上記の本を読みました。こちらの本はセンスのいい写真と組み合わせたエッセイ集と言った感じで、書かれている事もカッコよくて元気もらえました。やっぱり私も病気である事を隠さずに日陰に隠れてないで病気でも堂々と生きたいと思いました。