身体表現性障害にさようなら

私の身体表現性障害・心因性疼痛が消えていく経過を書き留めていきます。

5/14 日記

今日の午前中はお腹が痛くて丸くなってました。午後になってお腹の痛みはおさまったのですがカラダがひどくしんどくて何も出来ない一日でした。病気を治そうとするとカラダの具合が悪くなります。

午前中丸くなってる時にいろんな感情が吐き出されました。お金の不安、、、これまで自立医療支援という制度で医療費の上限が5000円に抑えられていたのですが退職して妻の扶養に入ったら上限が2万円に引き上げられました。無職になったら医療費が上がるなんてイジメにあっているようです。鍼治療を受けるにはお金がかかります。収入のない身としては出費が増えるのは不安です。次にそんなにお金をかけて治ってどうするの?という気持ちが湧いて来ました。治っても働けない、、、今は働くイメージが全く湧かないし働くのは不安だし働ける自信も全くありません。ならば、このまま治らなければ正当に働かないでいられる、、、完全な疾病利得です、、、自分の中に治りたくない自分がいます、、、ここをなんとかしないと絶対に背中の硬直は治りません、、、やっぱり心理療法が必要です、、、しかしどの心理療法を受ければいいのか、、、なんだかドツボにはまった気分です、、、カラダがしんどいと思考もネガティヴになります、、、死んだら楽なんだけどとか思ってしまいます、、、今は体調が良くなるまで我慢するしかありません、、、

ココロに問題があるとしてもカラダへのアプローチは意味があると思うので、それは続けて検討しようと思います。