読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身体表現性障害にさようなら

私の身体表現性障害・心因性疼痛が消えていく経過を書き留めていきます。

5/15 日記

今日もカラダがめちゃめちゃしんどいです。。。

しんどいながらも「疾病利得、治療」などで検索して疾病利得の解消法を探しているのですがこれと言うのはなかなか見つかりません。疾病利得は以前からありました。少し回復したので会社に戻ろうとしたらまた具合が悪くなったり、コーチングを頑張ったら背中がひどく痛くなったり、、、一時期「もうこのままでいいや〜」という心持ちで治る努力をやめた時は具合が良かったりもしました。そう思うと疾病利得をずっと放置してきてしまったように思います。

具合が良くなっても何事も頑張らず仕事もせずにひっそりと暮らすと本心から決心すれば疾病利得は無くなったようになるのかもしれませんが根治はしないと思います。根治するためには、具合が良くなって活発に活動する方が引きこもっているよりも利得がある状態に思考を変える必要があると思うのですが、どうやればいいのかわかりません。

すっかり社会復帰が怖くなっている自分の思考をどう変えればいいのかわかりません。どうして社会復帰が怖いかというと、社会に出ると何も出来ない自分を認めないといけなくなるからです。家に引きこもっていれば自分の無力さを認めないで済みます。自分は無力じゃないって頭で思っても自分が無力だっていう囚われは消えません。どうすれば囚われが消せるかわかりません。

具合が良くなってどうしてもやりたい事がないのも問題です。趣味のバンドはやりたいのですが、それとは別に残された人生で自分がどうしてもやり遂げたい自分のミッションといったものがあると今の状態から抜け出すチカラになると思うのですが、今は何もありません。

そんなこんなを自分一人で解決出来るとは思えないのでプロの助けが必要です。最終的には全て自分でしか解決出来ない事だとはわかっていますが手助けが必要です。上手く手助けしてくれる人に出会えるかどうかは運もあるので、まだ自分に少しの運が残っている事を祈ります。