身体表現性障害にさようなら

私の身体表現性障害・心因性疼痛が消えていく経過を書き留めていきます。

5/16 日記

マザー・ゲーム ~彼女たちの階級~ DVD-BOX

マザー・ゲーム ~彼女たちの階級~ DVD-BOX

今朝は精神保健福祉士をやっている後輩に再度時間を取ってもらってブログにも書いた認知の歪みの解消について相談しました。長く話したら結構疲れたのですが、そのあと話した事をブログにまとめたのも結構疲れました。ブログに書くと個人的なメモに書くよりも丁寧に書きますし、書いた事をちゃんと実行しようという気持ちみも強くなるので、今後も決めた事はブログに書こうと思います。今日は治療に向けて結構仕事をした気がします。明日からは認知行動療法の出来る腕の立つ心理療法士さんを探します。

後輩のアドバイスで今日から自分のカラダの事、ココロの事について書き留めようと思います。

今日のカラダの調子は健常者が10点とすると3点といった所でした。背中の張りがいつもよりもキツくてしんどさもまだまだありました。とは言え後輩にも心配されたのですが少しでも動かないと筋肉が落ち過ぎてそれで内蔵疾患になったり動けなくなるのが怖いので、家の中でも少しでも動くようにしようと思います。夜になって鼻水が止まらなくなってつらいです。鼻炎の薬を飲んでも効きません。くしゃみのし過ぎで背中が痛くなってしまいました、、、眠れるといいのですが、、、

今日のココロの調子は絶好調を10点とすると5点という感じでした。特に落ち込む事もなく、かといって晴れやかな気分でもなくフラットな1日でした。昨日よりも今後の対応についての考察が進んだのでその分は気持ちが上がった気がします。

話は変わって最近木村文乃にはまっています。特に好きな女優さんという訳ではなかったのですが最近やっているドラマが面白いので興味を持って他の出演ドラマなど見ているうちに止まらなくなってきてネットで彼女の情報を調べたりもしたので木村文乃についてだいぶ詳しくなりました。カラダがしんどくて何もする気が起きない時に彼女の出ているドラマを見ているとリラックス出来ます。カラダがしんどくて弱っているところに彼女が入り込んできた感じです。今後もしばらく彼女が出ているドラマ・映画を追いかけて見ようと思います。上記のマザーゲームは木村文乃初主演のドラマです。幼稚園のママ達の階級社会を描いたドラマと言うとドロドロ、ギスギスした内容を想像してしまいますが、このドラマはベースが前向きで健全だし最後もハッピーエンドで終わるので楽しめました。