身体表現性障害にさようなら

私の身体表現性障害・心因性疼痛が消えていく経過を書き留めていきます。

5/22 日記

背骨が飛び出した。もともと背骨は逆に反っていてアーチが全く無かったのだが、その反りが進んで遂に大きくハッキリとわかるくらい背骨が飛び出してしまった。毎日横になっているので背骨が曲がっても仕方がないが、飛び出すくらい逆に反ってしまうと立った時に重さを上手く支えられなくなってしまう。なってしまったものはしょうがないが、動けるようになったら地道に背骨を動かす運動をして少しでも引っ込めるように努力しないといけないだろう。ずっと横になっている事でいろいろな所が壊れていく。この悪循環が続いて起き上がれなくなるんじゃないかと考えると恐ろしい。恐怖だ。。。

拡散してもらって得た情報の中で、私と似たように原因不明で身体が痙攣したり強張ったりする症状だった人がガバペンという薬を飲んで症状が治まったという情報をもらったので、今日診察で来た主治医に頼んでガバペンを出してもらった。ガバペンが効いて一刻も早く今の悪循環から抜け出したい。早く抜け出さないとホントに寝たきりになってしまう。ガバペンが効いてくれるのを祈る。

今日は背中の強張りがキツくて横になってても辛かったのでカラダは2点。ココロも背骨の恐怖に怯えて2点でした。