身体表現性障害にさようなら

私の身体表現性障害・心因性疼痛が消えていく経過を書き留めていきます。

6/30 日記

今日は区の福祉課の人が来て福祉サービスの説明をしてくれました。車椅子で散歩させてくれたり家事を手伝ってくれたりなどいくつか受けられるサービスがありますが、当面お世話になりそうなのは病院まで付き添ってくれる通院介助です。

このサービスで妻を煩わす事なく病院まではいけるようになりますが、私の場合はイスに長く座っていられないので待ち時間に横になれないと行けません。そのため先日保健センターで紹介された病院に行ってみたいのですが行けません、、、ここが治療の選択肢の制限になって一番苦しいところです、、、いろんな病院を試してみるにはイスに長く座れる必要があります、、、困りました、、、

発達障害について調べてみましたが、発達障害の診断確定までには沢山の検査を受けて長いところだと数ヶ月かかるようです。また発達障害を専門に扱っている病院が少ないみたいで、発達障害で有名な病院はどこも凄く混んでいます。イスに座れない問題も含めて発達障害の検査を受けるのは私的には無理だと感じているのですが、妻は頑張って行こうと言っているので簡単に無理とも言えない感じです、、、何か新しい事をしないと何も変わらないので、新しい病院に行きたいのは山々なのですがイスが、、、そんな事を考えているとストレスで具合がどんどん悪くなって起きてるのが辛いです、、、なんとかしなければ、、、