身体表現性障害にさようなら

私の身体表現性障害が消えていく経過を書き留めていきます。

7/9 日

今日は一歩も外に出ず、娘とテスト勉強しました。さすがに疲れた、、、生物は一夜漬けでそこそこ出来そうな感じまではきましたが、もう一日あったら平均点を狙えるのにと思わずにはいられません、、、、一方、生物に時間を使ったしわ寄せで経済の前日確認が十分出来ず、だいぶ不安な状態でテストに臨むことになってしまいました、、、経済も政治も前回よりも得点アップを目指したのですが、どちらも厳しそうです、、、

さらに、前回のテスト以降、一番時間を割いて、テスト範囲の教科書と問題集の問題は一通りカバーして、結構いい点取れるかも、と臨んだ図形は、やった事のある問題がほとんど出なくて、せっかく頑張ったのに残念な結果になりそうです。応用力を確認したいという先生の考えは当然ですが、図形の苦手な子どもがテスト範囲の問題をまじめに練習して臨んだら、それなりに点数の取れるテストにしてもらいたいです。勉強したのに成績が上がらないのでは、勉強が嫌になってしまってもしょうがありません。どうも娘の学校の先生は、中高一貫で高校受験を気にしなくていいので、通常のカリキュラムから逸脱した難しい問題を作りたがるような気がします。実際、教科書はほとんど使わないで、先生のオリジナルのプリントが配られるのですが、教科書よりも分かりづらくするので、私が娘用にプリントを作りなおしています。プロの教師なら基礎を確認する問題と応用力を確認する問題を適切に使い分けて欲しいです。とは言え、先生に文句を言っててもしょうがないので、今回の反省をもとに秋のテストに向けて対策を練り直そうと思います。やっぱり、テスト期間ではない普段の勉強の量をもう少し増やさないと成績アップは難しい気がします。勉強時間の確保も含めて検討したいと思います。

明日、代数と物理の勉強が終わったら今回の私の仕事は終わりです。だいぶ寝不足ですが、もうひと頑張りしようと思います。ファイティン!(韓国の人はファイト!じゃなくてファイティン!です)