身体表現性障害にさようなら

私の身体表現性障害が消えていく経過を書き留めていきます。

【8/26 日記】駿河屋

今日はいらなくなった本を処分しました。

 

買取額の一番高い買取業者はどこかネットで調べたら駿河屋が一番高そうだったので、今回は駿河屋に買い取ってもらう事にしました。

 f:id:hirakuinoue:20180827004510j:plain

 買取TOP|通販ショップの駿河屋

 駿河屋の買取方法は、事前に買取額の見積りがわかる「あんしん買取」と、商品を詰めて送るだけの「かんたん買取」の2つがありますが、今回は「かんたん買取」を選びました。手順は以下の通りです。

 

①ネットで会員登録をする。

②ネットで買取の申し込みをする。

③商品を箱に詰めて申込書と身分証を同梱する。

ゆうパックに取りに来てもらって着払いで発送する。

⑤買取価格が決まって、自分の口座に振り込まれる。

 

駿河屋のサイトの作りが古くて会員登録はちょっと手間取りました。特に身分証の登録でハマりました。

 

身分証の画像をアップロードして登録すれば箱にコピーを同梱する手間が省けるとの事なので、今こそマイナンバーカードの出番だと思ってマイナンバーカードの画像をアップロードしようとしたら、身分証の表と裏の画像2枚をアップロードしないと受け付けてくれない作りになっていて、マイナンバーカードの裏面はアップロード出来ないので、マイナンバーカードは諦めました。

 

代わりに健康保険証の表と裏をスマホで撮ってアップロードしようとしたら、なんと700x700の画像しか受け付けてくれなくて、ここで嫌になってもう止めようと一緒思いましたが、踏み止まって画像圧縮アプリで画像の解像度を下げて再度アップロードしようとしても「確認中」のメッセージが出っ放しで受け付けられたかどうかわからないので、結局、身分証のアップロードは諦めて、コピーを同梱する事にしました、、、

 

1時間くらい時間を無駄にしました。今の時代に解像度が700x700ってなかなか無いですがサイトが昔に作ったままなんでしょうね、、、

 

駿河屋利用の注意点としては、商品が30点より少ない場合は送料を負担しないといけないので、30点以上ある時に限定して利用するのが良さそうです。

 

あと箱を複数個に分ける場合は、最後の一個を除くそれぞれの箱の3辺の長さの合計が100cm以下だと、これも送料を負担しないといけないので注意が必要です。送料には何かとうるさい会社ですね。郵便局の人が重く無いように箱を小分けにしようと思ったのですがダメでした。

 

駿河屋はフィギュアとかオタク的なモノの買取に強いようですので、一般書籍でどのくらいの買取額になるかわかりませんが、あまり期待せずに査定結果を待ちたいと思います。


本の処分が終わって片付けはだいたいひと段落したので、明日からはバリバリと学習会に向けての準備をしたいと思います。