身体表現性障害にさようなら

私の身体表現性障害が消えていく経過を書き留めていきます。

【6/7 日記】長いお別れ

今日は予定通り蒼井優の出ている「長いお別れ」を見に行きました。予定通り用事をこなせるのは嬉しいことです。


映画の内容は、特に何か起きるわけでもなく、特に号泣させられることもなく、認知症になった父親との流れていく別れの時間を淡々と描いていて、面白いかどうかと言う物差しで語るジャンルの映画ではないので、それは置いておいて、見終わった後に、お母さんと娘2人のそれぞれの今後はどうなるのかなーと言うことが気になった映画でした。


メインキャストの女優さんの演技では、お母さん役の松原智恵子の一人勝ち、圧勝と言う感じでした。日本の名優と呼ばれる人たちの演技は映画・ドラマなのに、どうも演劇寄りのちょっと力の入った演技になりがちで、この映画の蒼井優竹内結子もやっぱりそうなっていましたが、松原智恵子の演技はちょー自然で、こういうお母さんいるよね、こういうお母さんてこうだよね、という完璧なリアリティで、役のお母さん本人だと自然に思えました。


蒼井優はこの映画でもちょっと幸薄い役でしたが、結婚会見で見せた、めちゃくちゃ可愛らしい素の蒼井優に近い、可愛くて愛されてとても幸せになる役をやってくれると、とても幸せな気分で見られる作品になると思うのですが。一度、そんな役の蒼井優を見てみたいです。


明日は土曜でレッスンが3コマあるので、頑張ります。